大きい粒子が使われる美容整形の豊胸

美容整形で行われている豊胸施術では、手術をしてシリコンバッグを体に入れるという方法の他にも注射でヒアルロン酸をバストに入れるだけという方法もあります。傷跡は注射針の穴程度なので目立たず、短時間でバストアップをすることができます。
ヒアルロン酸は若返りのための施術でも使用されていますが、この場合には粒子が小さいものが使用されています。そのために、半年程度で体に吸収されてしまうのですが、豊胸で使用されるものは粒子が大きいので体への吸収速度が遅く、一年程度の長期間にわたって大きなバストを維持することができます。

Comments are closed.